本文へスキップ

探偵の活躍する推理漫画をまとめて紹介します。

名探偵コナン

子供向けのアニメ

名探偵コナン 写真

名探偵コナン(めいたんていコナン)は青山剛昌作の、子供でも楽しめる 小学生探偵が主人公の探偵漫画です。 週刊少年マガジンの金田一少年の事件簿が人気作となったのを受けて、 週刊少年サンデーでも探偵物の漫画を、ということで1994年に連載が 開始されました。 思ったとおり名探偵コナンもヒット作となり、週刊少年サンデー史上最長の 連載作品となります。 シリーズごとに「FILE」で区切られる長編掲載が基本で、最後の解決編で 「FILE」が完結します。 小学生探偵が主人公で周りにいる友達も小学生がほとんどのため やや子供向けの作品となっていますが、テレビ放映されるようになってからは 幅広い年齢層のファンがこの作品を楽しんでいます。 主人公の決め台詞「真実はいつもひとつ!」はだれしも聞いたことあるでしょう。 コナンが解決する事件は殺人事件が多いのですが、難解なトリックではなく わかりやすい物理トリックが多く使われているのも作者の心遣いでしょうか。 また推理や謎解きだけでなく登場人物の人間模様も楽しめます。



サンデーで長期連載

週刊少年サンデーで1994年より連載されている名探偵コナンは人気作で、 サンデー史上最長の長期連載となっており、2001年には小学館漫画賞 少年部門を受賞しています。 テレビアニメが1996年に放映開始されるとさらに人気も高まり、 翌1997年からは映画も公開されています。 コナンの人気は日本だけに留まらず、「Detective Conan」のタイトルで 世界中で漫画が出版されアニメが放映されています。 主人公の工藤新一はもともと高校生なのですが、幼なじみの毛利蘭(もうりらん) と遊園地に行った帰りにある事件に巻き込まれて少年の身体になってしまいます。 あやしげな組織の取引現場を目撃してしまった工藤新一は組織の人間に捕まり、 口封じのために毒薬を飲まされて殺害されそうになりますが、どういうわけか 身体が小さくなってしまいます。 そのおかげで殺されずに済んだ主人公は、それ以後工藤新一の正体を隠して 阿笠博士の遠い親戚の江戸川コナンと名乗って、毛利蘭の父親で探偵の毛利小五郎 (もうりこごろう)の家に居候しながら組織を追いかける人生を歩みます。 もとの高校生の身体に戻るために組織を探しながら、周囲で起こる事件を 解決していくのが主なストーリーです。



主な登場人物

主人公は小学生探偵の江戸川コナン(えどがわコナン)で、もともとは 高校生の工藤新一(くどうしんいち)です。 本作品では小学生探偵の江戸川コナンとして事件を解決していくことになりますが、 その正体は高校生探偵として有名な工藤新一です。 工藤新一はある事件で黒の組織に捕まり、試作段階の毒薬(APTX4869)を 無理矢理飲まされて身体が小さく幼児化してしまいます。 その組織を追うために工藤新一という正体を隠し、阿笠博士の力を借りて 小学生になりきっての生活をせざるをえなくなります。 高校生の知能を持つ小学生、「見た目は子供、頭脳は大人」です。 工藤新一の幼馴染の毛利蘭(もうり らん)は工藤新一=江戸川コナン ということを知らずにコナンを可愛がる、コナンのお姉さんのような存在です。 工藤新一とは恋人関係のような感じで、工藤新一が戻ってくるのを待っています。 毛利蘭の父親の毛利小五郎(もうりこごろう)は私立探偵で探偵事務所 を構えていますが、コナン少年が事件を解決して活躍してしまうので現在は その推理力を活かす機会も無く、眠りの小五郎と呼ばれています。



バナースペース